4/9~4/11までサイトが正常に表示されない現象が続いてしまいました。現在は復旧しております。ご迷惑おかけしました。
★消費税増税についてのお知らせ★ 当店では2019年10月の消費税増税に伴い、10%に変更しました。

5万円でLED電光看板を導入する方法(裏ワザ!?)

予算がキビしい方にこそ見てください!

当店で販売している看板の平均的な購入価格は13~20万円です。
しかしながら、同じ看板でもたまに5万円台や、それ以下の価格で購入できる、いわゆる「掘り出し物」や「訳あり品」がラインナップされることがあります。
そんな超低価格の看板のからくり(なのか?)と、当店で販売しているものすべてを対象にすこしでも安く導入する方法を紹介します。

安く販売している看板のカラクリ(理由)

パッと見、どれも同じように見える電光看板。詳しくない方が見ても大きさ以外特に変わりがないように見えますよね?それでも価格の幅が20万円以上もある当店の中古電光看板。どうして価格差があるのでしょうか。

理由1:古い

LED電光看板は少なくとも20年以上前から存在していました。
そして進化はしつつも、大きく外見を変えることなく現在に至っています。そう、古いものでは20年落ちの看板もあるということです。ただし、当店では基本的に20年を超えるような古い看板は取り扱っていません。
基本的に古いものほど安い、というわけです。

理由2:破損している

LED電光看板は特にスタンドで設置している場合、転倒のリスクがあります。実際、いたずらだったり、台風だったり、車などの衝突などにより転倒、破損に至ることがよくあります。
転倒すると、ほとんどはLEDを保護しているアクリルカバーが割れてしまいます。またひどくなるとLED自体が破損したり、一部の文字が不点灯になることもあります。こうなると商品価値はさがってしまいます。すなわち安いLED電光看板には破損があると思って間違いありません。

当店では、軽微なひび割れや破損は「仕方がないこと」ととらえて、あまり価値を下げることはしませんが、大きな破損や、使用に支障をきたすような故障の場合は大幅に価格を下げることが多いです。
ただ、破損したものをそのままでは販売しません!すべて補修して雨漏りしないように手間をかけています。(もちろんその補修も放棄して激安にする場合もあるにはあるのですが…基本的にはやりたくないので、そういうものをご希望の方はお問い合わせください)

理由3:人気がない

看板には某アイドルグループのように総選挙があるわけでないので人気を計る基準は存在しません。あくまでも10年以上電光看板に携わった経験(と独断)からはじき出したいわば電光看板の「格付け」といえるものです。
ですので「人気がない」というか当店でのおすすめ度が低いと言い換えることができます。そのおすすめ度は次の(理由4)に関係します。

理由4:操作性、機能

(理由3)と重複する部分もありますが、この操作性、機能性が重要です。これを間違って選択してしまうと折角購入したのに「挫折」してしまう可能性が高くなってしまいます。
当店で扱っている電光看板の多くは「TOWA(東和レジスター、東和メックス)製」です。このTOWA製の看板は実は何社ものメーカーが看板を製造しています。
そのため、仕様をはじめ、リモコンからソフトまでかなりの違いがあります。
ただ違うだけならいいのですが、機種によって実現できる機能にも大幅な違いがあり、機能の少ない機種はリモコンだけでデータを入力するのがかなり難しくなってしまいます。いままで100以上看板のデータ作成、設定をしてきた当店だからわかる「機能の違い」が実はあるのです。
またすべての方に必要なわけではありませんが、データ作成ソフトにもかなりの違いがあり、使いこなすことが困難であろうものも多いのが実情です。これも「パソコン関連事業」を展開している当店だからこそわかるものだと自負しています。これらのことを総合して「扱いやすい看板」、「扱いずらい看板」と区分けをし、価格差をつけているわけです。
当店としては、購入していただいたすべての方が、LED電光看板を使いこなせるとまではいかなくても、購入したメリットを享受できるぐらいの使用をしていただけることを心底希望しています。
そのためにできるだけ「使いやすい」ものをラインナップするようにしています!

理由5:LEDの色

LED電光看板で多い色、これは古くからある看板がオレンジ色、黄色です。そのため中古市場に流通している看板の多くがこれらの色に該当します。
逆に白や赤、カラーモデルなどは、そもそもの絶対数(販売台数)が少ないので希少になります。しかも需要が一定数あるので価格は高めになる傾向があるのです。
予算ありきで考える時に色を限定するのはタブーです!

理由6:看板のサイズ

看板には規格が存在しませんので、多種多様な大きさが存在します。その中で当店では、小型、中型、大型と大きく3タイプに分類して販売しています。
この中で大型の看板というのは1.8メートルを超えるもので新品当時の価格の高かったため絶対数が少ないのが特徴です。
そのため色と同じで希少になり価格が高くなりがちです。
一方、中型は流通量も多く、たくさんの機種が該当するため価格はこなれていて選びやすいです。
小型ですが、1メートル未満の小さいものを指しますが、中型よりも当時の販売価格がリーズナブルだったため、価格もちょっとお得になります。また、現行型でもこのサイズは販売されているため、比較的新しい機種が手に入れられます。逆に古いLED電光看板では3文字×2段の看板がこのクラスの主流でたくさんの機種があり選びやすいと思います。

理由7:看板の点灯面

看板には主に「片面」と「両面」の2種類があります。
両面はその名の通り、前後に点灯面があるため道の両側から見えるという利点があり、多くの方が想像する「電光看板」はこのタイプだと思います。
一方、片面看板は点灯面は一方にしかありませんので、基本的に壁に背を向けて設置する用途になります。ニーズは圧倒的に「両面看板」になり、片面看板は敬遠されがちです。

片面看板は新品当時は当然両面に比べて安い(若干らしい)のですが、上記の理由からかあまり売れていません。これは中古市場でも同じなので、片面看板は両面看板に比べてかなりリーズナブルな価格設定になります。
ちなみに僕が初めて購入したLED電光看板も2台目の看板も片面でした。本当は両面が良かったのですが、両面に比べて片面看板が1/4程度の価格でかなりリーズナブルだったため予算の都合で片面にしました。ただ、本来は両面のほうがいい立地だったため、苦肉の策としてキャスタースタンドを週替わりで前後をひっくり返すという姑息な手段で両面看板のように対応していたのでした(笑)

以上が当店で価格設定する際のいわば「基準」です。
ですので、当店の基準に外れた看板はどんどん値段が下がっていき、5万円を下回る看板も出てくるというわけなのです。
まず、予算を安く抑える基本は看板の種類にこだわらず、コストパフォーマンスの優れる訳アリ看板を狙うことです!

LED電光看板の付属品

次に考えるのは電光看板の付属品です。
この付属品が馬鹿になりません。通常看板は本体だけでは何もできません。データを流したり、入力したりするのにリモコンや説明書が必ず必要です。また、データ作成をするためのソフトもあるので、本体価格+2~5万円程度を考えなくてはいけません。

当店では、基本的に純正リモコンなどの最低限度必要な付属品(当店でははじめてセットといいます)を一緒にご購入いただく方がほとんどです。
が、このセットではなく、本体+8千円で購入する方法を教えます。

まず、看板の操作は一切お客様の所でしないことを前提に本体のみで購入します。
しかし、このままでは看板にデータがない状態なので意味がありません。そこで、データ作成を当店に代行してもらいます。当店は販売しているすべての看板のデータ作成を承ることが可能です。
購入時に依頼していただければ、看板にデータを入れた状態で発送できます。

データの文字数を最低価格の60文字に収めれば、作成料金は8,000円(税抜)です。これで、看板価格+8,000円で看板を使用することができます。
訳アリ看板で4万円台のものを選べば、5万円での導入も夢ではありません!
※ただし看板のON/OFFはコンセントを直接抜き差しして行うことになるなど、多少我慢しなければならないこともありますのでご注意ください。また、データの修正などは出張か本体を送っていただくことになります。

おすすめ商品

NS-WM4115W(両面/大型/白色LED) 1.9mの大型現行同等型 人気・希少の白色 美品

319,000~368,500
2016年式の現行型モデルです。新品で100万円オーバーにもかかわらず使用は1年未満という「かなり新品に近い」看板です。
にもかかわらず新品の半額以下!人気がある白色大型両面看板。なかなか出ないレアなモデルです。

NS-RM3114W(両面/中型/赤色LED/現行同等型)24ドット赤色LED美品

198,000~247,500
まだ5年経っていないこちらもほぼ現行型のモデルです。当時かなり売れていた「赤色」モデルです。一番流通している中型3文字(旧モデルで言うと4文字モデル)両面モデルです。
スタンドでも壁付でもこなせる万能タイプです。迷ったらこのサイズ!

NS-RM2114W(両面/小型/赤色LED/現行同等型) 使用1年弱の美品 高輝度赤24ドット文字

209,000~258,500
まだ5年前のこちらもほぼ現行型のモデルです。当時かなり売れていた「赤色」モデルです。2013年モデルからラインナップに加わった小型モデルで2文字両面モデルです。
小型と言っても旧モデルでいう3文字モデルに相当する表示領域ですから、視認性は劣りません。スタンドでも壁付でもこなせる万能タイプです。

LC-401αW(両面/大型/黄色LED) 2.5mの超大型黄色 美品 橙色

660,000~737,000
当店で扱った中で一番大きい2.5メートルの大型LED電光看板です。新品時200万といわれる高級機です。視認性も抜群です。

当店でLED看板を購入/利用するメリット

LED看板の専門店だから購入前からアフターまでお任せください
LED看板は買った後が一番大変です。だから一切アフターをしない(できない)業者や個人売買では後悔しますよ
中古LED看板とはいえども、キレイに使っていだけるように当店では分解清掃、破損個所は補修をしてから販売しています。
LED看板が故障してもできるだけ修理して使えるようにします。一般のお客様でも対応可能です。
お気軽にお問い合わせください。

メールで問い合わせします

LED電光看板商品を用途や予算で探せます!

サイズでLED看板を探す

大型のLED電光看板を探す 中型のLED電光看板を探す コンパクトなLED電光看板を探す

LEDの色で看板を探す

黄色・オレンジ色のLED電光看板を探す 白色のLED電光看板を探す 赤色のLED電光看板を探す 他の色のLED電光看板を探す

価格帯でLED看板を探す

10万円未満のLED電光看板を探す 10万円台のLED電光看板を探す 20万円台のLED電光看板を探す 30万円以上のLED電光看板を探す

こだわりでLED看板を探す

片面LED電光看板を探す 両面LED電光看板を探す 現行型LED看板を探す 訳ありのLED看板を探す
このページの先頭へ

ご注文の流れ

ご注文
「カゴに入れる」ボタンをクリックすると「現在のカゴの中」に数量と金額が表示されますので「カゴの中を見る」ボタンをクリックしてください。
お客様情報
「購入手続きへ」ボタンをクリック後、会員登録がお済みの方はログインしてください。登録されていない方は、登録をお願いします。登録せずに購入することも可能です。
購入手続き
お届け先の指定やお支払い方法等をご入力いただきましたら、内容をご確認の上、ご注文完了ページへお進みください。当店より受付確認メールが自動配信されます。
入金・発送
当店で入金確認ができ次第、入金確認メールを配信するとともに商品の発送準備を進め、発送が完了しましたら、メールでお知らせいたします。

インフォメーション

お支払いについて

当店では、 クレジットカード決済、 銀行振込、 コンビニ決済(5,000円未満)、 引取り時現金払い、 代金引換(4千円~1万円未満)、 代金引換(1~3万円未満)、 代金引換(3万円~10万円未満)、 代金引換(10万円~30万円)、 分割払い、 をご用意しております。
クレジットカード決済
クレジットカード決済
銀行振込
下記の銀行口座にお振り込みください。
振り込み手数料はお客様負担でお願いします。

~振込金融機関~
ジャパンネットバンク
本店営業部 普通 3905366
名義 ピーシーエスカワタ カワタリョウ

住信SBIネット銀行
イチゴ支店 普通 7280087
名義 カワタリョウ

楽天銀行
サンバ支店 (203) 普通 5002513
名義 ピーシーエスカワタ カワタリョウ

----下記の金融機関は振込の連絡をいただけないと着金確認が遅くなってしまいます-------

埼玉りそな銀行
本川越支店 普通 4135771
名義 カワタリョウ
コンビニ決済(5,000円未満)
また、コンビニ決済完了後、当社提携の決済会社へ決済完了の連絡が行くまでに各社数十分~数時間(最高4時間程度)かかります。コンビニ各社の仕様によりまちまちですので即時ダウンロードはできませんので、時間をおいてマイページにて確認ください。
決済会社にて確認が取れますと自動的にダウンロードができるようになります。
コンビニ決済(5,000円未満)
引取り時現金払い
引取に来ていただく際、商品と引き換えに現金でお支払いただく場合に選択してください。
※10000円以上の大型商品にてご利用ください。
代金引換(4千円~1万円未満)
代金引換(4千円~1万円未満)
代金引換(1~3万円未満)
代金引換(1~3万円未満)
代金引換(3万円~10万円未満)
代金引換(3万円~10万円未満)
代金引換(10万円~30万円)
代金引換(10万円~30万円)
分割払い
分割払い